剛毛すぎてカミソリでムダ毛処理をすると毛が残る

子供の頃からムダ毛の量に悩んできたのですが、大人になるにつれてそれがどんどん剛毛になって困ってしまっていました。特に脛の毛がすごく、まるで男性の髭のように太くてしっかりとした毛が生えるのです。そのためカミソリで剃っても剃りきれず黒くポツポツと毛が残ってしまうことが多々あります。

 

そのため毛抜きで処理をするのですが時間がかかってしまうので電動の毛抜きを導入してみました。しかし今度は抜くのが刺激となってしまったのか毛穴が赤く腫れ上がってしまい赤いぶつぶつがたくさんできてしまったのです。しばらくするともとに戻るのですがあまり良いものではありませんね。毛抜きは抜くために多少伸ばしておかなければならないというのも困りもので、夏は毎日露出をしますから伸びるまで待っていられず結局カミソリで処理してしまいます。

 

そんな剛毛をなんとかしたいと思うのですが、最も有効であろうエステやクリニックに行くのは時間や金銭的な事情で実現できない解決法です。となるとやはりセルフ処理で解決しなければならないのですが、これ以上何をすれば良いのか検討もつきません。

 

結局今でもカミソリで脱毛を続けており、なるべく切れ味の良いカミソリを使うようにするという申し訳程度の対策に落ち着いています。これは切れ味が良いものだと深く剃ることができるのでなんとなく目立ちづらいなと感じるためで、シェービングローションや処理後の保湿などを徹底して極力肌へのダメージを残さないように心がけています。それでも綺麗にならないときにはストッキングを履くと多少ごまかしがきくので、暑さ対策がされている夏用のハイソックスタイプのものなどを履くようにしています。ちなみにハイソックスタイプで事足りてしまうのは太もものムダ毛も目立つため丈の短いボトムスを穿かないためです。
長年悩まされてきたムダ毛問題が手軽に解決できる対策が生まれることを日々祈っています。
毛のトラブル12