まさか、ここまで薄毛(頭頂部)が進んでいたとは

人と比べると、髪の毛が少ないとは思っていましたが、それでもまあ、別に薄毛というほどのレベルではありませんでしたし、抜け毛が多いというわけでもなかったので、特に気にすることなく生活してきました。

 

が、ある日のことです。前髪がうっとうしくなってきたので、すきバサミで前髪をカットしていたところ、サイドや襟足も、ちょっと気になってきたので、思い切ってカットしてみることにしました。

 

で、順調にセルフカットが進んでいったわけですが、何気に頭頂部を(合わせ鏡で)確認してみたところ・・。なんだかちょっと肌色の部分が多いような気がします。最初は、「ツムジ周りを」短く切りすぎたかな?なんて悠長に構えていましたが、よくよく観察してみると、切りすぎとかそんな類の話ではないんですよね。

 

だって、地肌がビックリするくらい露出しているんですから。ここで初めて自分の薄毛に気づいたわけでして・・。その時の心境たるや。これがね、もしも徐々に薄毛になっていって、少しずつ(薄毛を)受け入れていたならば、正直そこまでショックじゃなかったと思うんですよ。

 

私の場合には、今まで正常だと思っていたところ、急に薄毛に気づいたわけですからね、そのギャップはハンパではありません。心臓がドキドキとしてきて、冷や汗が垂れてきて、手が震えてきて・・。大体、こんな頭で、次の日どうやって会社へ行けばいいのでしょうか。
毛のトラブル9
というか、会社の皆は、私の薄毛に気づいていたのでしょうか。いや、気づいていたんでしょうね。こんなにも地肌が露出しているのですから、気づかないはずがありません。

 

となると、私だけが自分の薄毛に気づいていなかったわけで・・。それを考えると今度は急に恥ずかしくなってきて、自分の至らなさ(自己管理不足)に腹立たしい気持ちにもなりました。スカルプシャンプーで抜け毛と薄毛対策

 

というわけで、今のところせっせと育毛剤や育毛シャンプー、サプリメントを使って対策に乗り出しているのですが・・。長年かけて出来上がった薄毛をそう簡単に癒すことはできず、どうやら、改善するまでには相当時間がかかりそうな予感が満載です。